検査や検診での限界|腰椎椎間板ヘルニア治療を行う整体院の選び方

腰椎椎間板ヘルニア治療を行う整体院の選び方

医師

検査や検診での限界

聴診器

病気発症のメカニズム

毎日、私たちの体の中でがん細胞が生成され、それを免疫監視細胞が攻撃する形で健康的な生活が送れます。この免疫機能は、人の代謝とのかかわりがあり、代謝が衰える頃からがんになる可能性が増してきます。我々の身体にがんの原因細胞があり、それを免疫機能で抑えており、万が一免疫力が低下した場合、がんとなって身体を蝕みます。がん細胞が病変として増殖し、発見に至る大きさに成長するには10年から20年かかるとも言われており、その間を潜伏期間と言います。一度できた病変は、周りの正常な細胞を餌に無尽蔵に増殖を進ませ、正常細胞とは異なり代謝することはありません。原発巣に出現したがんはリンパ液を通じ、他の臓器や骨に転移することがあり、進行するごとに転移治療方法が少なくなり、完治の確率が下がると言われています。

検査で見つけられる時期

がんを発見するための検査にPET検査があります。PET検査は病変数ミリの初期がんを発見することが可能で、レントゲンのでは発見できない病変をも的確に発見し、早期発見早期治療に努めることが可能となります。ただ、最初にも話したように、がんは10年から20年という潜伏期間があり、発症していても見つからない小さな状態であれば、発見は難しくなります。よく、病期を現す値にステージ1からステージ4まであり、ステージ1や2が早期、ステージ3が進行期、ステージ4が末期と解釈されますが、ステージ1になる前の段階で0期から1期までの間のステージが存在しており、この間のがんを見つけることに限界があると言われています。一般的にステージ3以降転移が進むと言われ、転移の可能性が高まると治療が複雑化する傾向にあります。